今回は、離婚を迫ってくる旦那さんとの関係修復 についてのご相談です。
質問させてください。

旦那から離婚を切り出され今話している最中です。
彼の言い分は自分を大切にしてもらえなかったとのことです。

私はやり直したいと思っていましたが断られました。
切り離したくないのに切り離さなければいけない……

この場合はどう自分と繋がり、パートナーと繋がると考えたらいいのでしょうか……


 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです

Rさん。
ご質問、ありがとうございます。

苦しくて辛い……そんなお気持ちは解ります。

しかしながら、はっきり申し上げると……

この状況のままでは、旦那さんとの関係がどんどん悪くなる方向だと思われます。
Rさんが「つなごう、つなごう」とすればするほど……彼は不信感を抱いてしまうと思います。

それはなぜか……

まずは、聞いてあげること

離婚を切り出している旦那さんに対して、その関係を自分が「つなごう、つなごう」とすればするほど、旦那さんは不信感を抱いてしまいます。

なぜならば……
それは、彼の言葉を聞かずに、自分の気持ちを押し付けてばかりの行動だからです。

彼は「自分を大切にしてもらえなかった、別れたい」
Rさんが「わたしはやり直したい」

「わたし」の言葉のなかに、彼の「大切にしてもらえなかった」という彼の言い分が受けられていますか?

このやりとりを眺めてみてほしいのです。
わたしの意見を「通してよ!」と執着しているのは誰でしょうか……

執着しているのは、自分自身であることを、まずは受け入れないといけないのです。

痛いかもしれません
苦しいかもしれません
けれどもここを越えないと……旦那さんとの関係修復は望めません。

とはいえ……今のままでは彼とやりなおせる確率は0%です。
それでも、20%まで可能性を上げることは可能です。
では、そのために何をすればいいか……

彼の言い分を聞いてあげること
彼を尊重して、「わかった」といってあげることです。

手放す

彼を尊重するとは、何もいわずに彼の言い分を聞き
「あなたのいいようにしてね。あなたを愛しています。だから手放します。今まで、ほんとうにありがとう」

こうして手放すことです。
そうすることで、次のステージが見えてくるのです。

痛いけど……
苦しいけど……
ここは勇気を出して……手放す!

そして、次のパートナーシップでは、同じ間違いをしないと決意することです。
男性の愛を受け取る自分になると、決めてください。

男性の愛を受け取るとは、些細なことに愛を見つける行為です。

あなたが受け取りたい愛を押しるけるのではなく、彼の愛を見つけていくことが大切です。

彼の「敵」になってはいけません

旦那さんから離婚を切り出される状況にあったとき、Rさんはお家のなかで、彼の「敵」になっていませんでしたか?

グチをいったり、お金がないといったり……いつもぷりぷり……
他のお家の旦那さんと比べたり、いい本があるからと勧めたり……
解ってよ! 助けてよ! をよく言ってた……
友達に、彼のぐちや悪口ばかり言っていた……

けれどもこれをしてしまうと……あなたは彼の「敵」となってしまいます。

そうではなく、彼の「味方」でいてあげる自分を作り上げることが……Rさんの課題にあるのかもしれません。

大切なことは、自分とつながることです。

自分で自分を、満たしてあげること
自分で自分を、大切にしてあげること
自分の本音を、ちゃんと知ること、発すること
自分のことを、他の誰かに愛させることをしないこと

まずは今の状況を認め、自分で自分を愛することです。

執着を手放し自分となつながること、ぜひ、やってください。

痛いかもしれません。でも必ず、そこから始まる幸せな未来があります。

執着を手放し自分とつながることは、苦しくて痛いことかもしれません。
けれども、これだけが、今、彼にできる貢献です。

彼を手放す
自分を幸せにすると決意する
明るく楽しく、毎日を送られる努力をする

「安心感ってなんだろう?」をしっかりと考えて、そこを育てていくこと
愛を受け取り、与える自分になりたいと、思うこと

あと……できれば、執着の手放しはひとりでやるのではなく、信頼できるセラピストさんやカウンセラーさんと一緒に進まれることが、おすすめです。

Rさん、応援しています。

あなたのお悩みを相談してみませんか?

日本性育アカデミー協会では、みなさまからのお悩みご相談を承っております。
頂いたご質問やご相談に「お悩み相談室」よりお答えいたします。
下記フォームにご質問・ご相談内容等を入力いただき、送信してください。
ブログやメールマガジンなどのご感想も大歓迎です!

(※)は必須項目です。

 

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

※送信後、すぐに自動返信メールが届きます。万が一、自動返信メールが到着しない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願いします。

※メールについてドメイン指定/拒否をされている場合、返信ができない場合がございます。携帯メールの場合はお手数ですが、ドメイン拒否の解除、もしくは「@seiiku.net」のドメイン指定をお願いいたします。

頂戴するご質問・ご相談については、全てにお答えしているわけではりませんので、なにとぞご了承ください。

なお、頂戴しましたご質問・ご相談いただいた内容への回答、およびご感想は、一般公開されている協会サイト(「お悩み相談室」)にて匿名にて掲載することがあります。予めご了承ください。