今回は、人からよく責められる、というご相談です。
はじめまして
いつもブログを楽しみに読ませていただいております。

私はやたらと「あんたのせいで」と周りの人から責任をなすりつけられることが多いです。
自分の責任を果たさず、棚にあげて責めてくる人が多いです。

これは、私の何がそうさせるのでしょうか。


 

幸せのヒントになれば幸いです

ご質問、ありがとうございます。
仮称で、A子さんとお呼びすることをお許しくださいね。

A子さんは、とても面倒見のいい性格の方だろうなぁ、と感じながら、ご質問を拝読いたしました。

A子さんのご質問と同じようなことで悩んでいた方の事例もあげながら、お返事していきますね。

誰かの責任を負ってしまう

「あなたのせいで」といわれてしまう人に共通していることがあります。

それは、どちらかといえば周囲に対して影響力を持っていたり、意見が通りやすい立場にある方のお悩みとして「あなたのせいで、とよく言われます」とおっしゃる方が多い、ということです。

そのような方は、性格的に姉御肌であったり、誰かの面倒をみてあげることが多いかもしれません。
「誰かの面倒を抱え込む」というのは、長氏(特に、長女)に多い傾向でもあります。

もしかするとA子さんも、どちらかといえば自分が「家族の面倒をいろいろとみてきたし、話をきいてあげることが多かった」などということはありませんか?

「責任を取ることをなすりつけられる」ということを、とても意地悪な見方をすればこうなります。

人の責任を負ったから

小さい頃から、家族や特に弟妹の面倒を見たり責任を取る(怒られる)状況にあると、大人になってからも「誰かの責任を負ってしまう」ということが、癖として残ってしまいます。

「NO」ということを避けていませんか?

自分のことよりも人を優先してきたことはありませんか?
誰かの責任を取ることで我慢してきたことはありませんか?

自分の本音より人の感情を大事にしていると、「人の責任まで背負ってしまう」ことが多いです。

それは、「思いやり」や「気を遣う」という形で現れます。
けれども、その「思いやり」や「気を遣う」には、苦しさや見返りの要求が混じってしまうのです。

責めてくる人たちの責任は、その人たちのものです。

けれども、いつも(よく)責任をなすりつけられる、ということは、そこになんらかの「パターン(癖)」といわれるものが内在していると、心理的には考えます。

つまり、A子さんご自身が「相手にNOということを、いつも(よく)避けていませんか?」とみるのです。

境界線を越えることを許可しない

自分と他人との間には境界線というものが存在します。

けれども、この境界線が曖昧になってしまうと、相手から「わたしの面倒をみなさいよ」と迫られてしまいます。

相手が「面倒をみなさいよ!」とあなたに迫ってくるのも、おかしな話ではあるのですが……
ここには大切な視点があります。

相手は境界線を踏み越えてきているのだけれど、一方であなたは、「相手に境界線を踏み越えることを許している」ともいえてしまうのです。

つまり、あなたには「人のせいにしないで。それはあなたが選んだことでしょう?」と伝えることができるのですが、相手にそれをちゃんと伝えていない、ということになります。

また、相手に「人のせいにしないで」とちゃんと伝えるためには、あなたが「自分のしあわせ以外の面倒をみようとしていないか?」に注意をする必要もあります。

感情を感じる。行動を変える。

たとえば、「あなたのせいよ」と誰かにいわれたとき、もしあなたのなかに沸き起こる感情があるならば、日頃、その感情を抑圧(がまん)しているケースが多くあります。

もし湧き起こる感情があるならば、それをちゃんと感じてあげることが大切です。

あなたの体は、あなたが抑圧した感情を抱えきられなくなると、その感情を外に出したいがために、いろいろなことを引き寄せます。
あなたに責任をなすりつける人も、あなたの体が無意識に引き寄せたうちのひとつです。

責任をなすりつける人を、あなたが「わざわざ」選んで付き合っている、ともいうことができます。
もちろん、無意識に、です。

それは、A子さんが「そんな人を寄せ付けたくない!」と思うだけでは、どうにもすることができません。
「無意識を変える」か「行動を変える」をしないと、どうにもならないのです。

では、どうやって変えるの??
やり方は、とてもシンプルです。


自分の責任は自分で引き受ける人と一緒に生きること
自分が心から「やりたい!」と思うことを優先して生きること

それだけです。

 

どうか、自分の想いのまま生きてください。

誰もがみな、いつかは死にます。
誰に何といわれても大丈夫! と、自分で自分の生きる責任を持つことです。

暴れて生きようぜ!!

A子さん、応援しています。

いつもありがとうございます。

あなたのお悩みを相談してみませんか?

日本性育アカデミー協会では、みなさまからのお悩みご相談を承っております。
頂いたご質問やご相談に「お悩み相談室」よりお答えいたします。
下記フォームにご質問・ご相談内容等を入力いただき、送信してください。
ブログやメールマガジンなどのご感想も大歓迎です!

(※)は必須項目です。

 

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

※送信後、すぐに自動返信メールが届きます。万が一、自動返信メールが到着しない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願いします。

※メールについてドメイン指定/拒否をされている場合、返信ができない場合がございます。携帯メールの場合はお手数ですが、ドメイン拒否の解除、もしくは「@seiiku.net」のドメイン指定をお願いいたします。

頂戴するご質問・ご相談については、全てにお答えしているわけではりませんので、なにとぞご了承ください。

なお、頂戴しましたご質問・ご相談いただいた内容への回答、およびご感想は、一般公開されている協会サイト(「お悩み相談室」)にて匿名にて掲載することがあります。予めご了承ください。